一般歯科|福岡市 博多区 やまだホワイトクリニック歯科

無料メール相談

スタッフブログ

一般歯科

一般歯科 「一般歯科」とは、むし歯の治療をはじめ、歯周病の予防や歯槽膿漏の治療、歯が欠けたり、抜けた部分を補う治療などを行う事を指します。

当院は患者様の歯の健康状態や治療方針を、丁寧にカウンセリングし、十分ご理解頂いた上で治療しております。

また、多くの患者様は「歯医者に行かなきゃいけないのは分かっているけど、治療が痛いのが嫌だ・・・」というご不安をお持ちの中でご来院されておりますので、出来るだけ痛くない治療を心掛けております。

むし歯はこのように進行します!

むし歯の症状は「C1」~「C4」に分類されます。「C」は「caries(カリエス)」の頭文字で、英語でむし歯という意味です。

むし歯の症状「C1」

一般歯科 歯の表面を覆っているエナメル質が脱灰している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が茶色などに着色してザラついていたりします。

むし歯の症状「C2」

一般歯科 象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。

むし歯の症状「C3」

一般歯科 むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

むし歯の症状「C4」

一般歯科 歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。

歯は髪の毛のように「抜けても、また生えてくる(元に戻る)」という訳ではなく、一度抜けたら生えて来ませんし、歯には一本一本に大切な役目があります。

大切な歯を失う前に、むし歯の症状が軽度なうちにご来院下さい。