歯科マメ知識

無料メール相談

スタッフブログ

歯科マメ知識

2018/08/09
キシリトールとは?

こんにちは!今日はキシリトールについてお話します^ ^

キシリトールとは、シラカバやカシなどの樹木から採れる天然の甘味料です。

野菜やくだものにも含まれている身近な素材です。

砂糖の主成分であるショ糖とほぼ同じ甘さなので、おいしく虫歯予防ができます!

キシリトールの含まれている製品はたくさんありますが、①キシリトールの含有量が多いもの、②砂糖が含まれていないもの、③酸を作り出さないもの、 この3つのポイントをおさえて選ぶと良いでしょう!

毎日食後や間食の後など回数を多く摂ると効果的です。

 

補足※

犬には与えないでください!!

重い肝障害や低血糖症状を起こすことがあります。

2018/08/03
痛い虫歯と痛くない虫歯

一箇所痛みがあって治療したのに、ほかにも虫歯があったみたい...。

歯科医院を受診して、全然症状がなかった虫歯を指摘されることもあるかと思います。

虫歯は、下の図のように進行して行きます。

img20171108142316842249.png

歯の表面は、エナメル質という硬い組織で覆われていて、この組織が冷たいものを噛んだ時などの刺激を歯の中心にある神経に伝えないようにブロックしてくれています。

すなわち、エナメル質の範囲内の虫歯や、象牙質に達しているけれど、表面をエナメル質で守られている虫歯は、刺激が神経まで伝わらず、虫歯があるものの痛みを感じないとういう状態になります。

エナメル質の表面に限局する虫歯であれば、再石灰化し、元の状態に戻ることもありますが、一度穴が空いてしまった歯は、痛みがない中で進行して行きます。

また、痛みが出てきた虫歯は、それだけ深いところまで虫歯が進行していることを意味しているため、神経にまで虫歯が到達していて、神経を取らないといけなくなる可能性があります。

さらに、一度治療した歯も痛みがなかったのに虫歯と言われた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

一度神経を取ってしまった歯は、冷たいものや熱いものにしみるという症状が出ることはほとんどありません。

痛みが出ないことで、気がつかないうちにどんどん大きくなって、ある日突然被せ物がぽろっと取れてきたりして、歯医者を受診すると、歯を抜かないといけないほど虫歯が大きくなっているということもあり得ます。

特に「一度治療したことがある」ということは、その場所が磨きにくくて汚れがたまっていたので虫歯になったということも考えられます。つまり、虫歯リスクの高い部位であったわけです。

痛みのある虫歯も、痛くない虫歯も、ある程度進行している場合は、神経をとったり、抜歯にならないためにも早めの治療が望まれます。

定期的な歯科受診で、初期むし歯は定期的に経過観察して行き、ある程度進行したむし歯は、痛みが出る前に治療して健康な口腔を維持して行きましょう。

 

2018/07/27
子供の仕上げ磨きはいつまで??

お子さんの仕上げ磨きは、

小学校1~3年生までは毎日のチェックして下さい!

4,5年生までは週に3回チェックを

6年生になった時期は自分での歯磨きも上達しないといけませんので週2回のチェックお願いします。

また、歯科医院での歯磨き指導を受けるようにしましょう!!  


乳歯から永久歯生え変わる時期は3ヶ月に1回は必ず定期健診を受けることをお勧めしています!!

2018/07/19
子供の歯みがきはいつから始めたらいいの?

お子さんの歯が生えてきたら、離乳食も始めると思います。
ちょうどその頃が歯磨きを始める時期です。
初めはうまく磨くことよりも歯ブラシの感触に慣れることが大事です。
そして、歯ブラシは喉につくのをふせぐためにストッパーがついてるものを使用されることをおススメします!

IMG_1391.JPG

2018/07/10
アメリカのホワイトニング

「ホワイトニング」とは、加齢や遺伝によって黄ばんだ歯を白くする審美治療のことです。

歯の黄ばみを取る『過酸化水素』などを含むペーストが市販での販売を禁止されているので、

歯科医院など、専門機関でしか施術をうけれないのが一般的です。

これはホワイトニング先進国といえるアメリカでも同じですが、"先進国"だけあって、

歯を白くするオーラルケアグッツも多く出回ってます。

また、大型のショッピングモールなどに、ホワイトニングを施すコーナーが設けられていることもあるようです。

"簡易的な足つぼマッサージコーナー"のような感覚で、お買い物中にふらりと立ち寄る主婦もいます。

アメリカは特に歯の並びや見た目のキレイさを重要視しているので、

日本よりも需要が大きいのでしょうね^^

当院でも『ルシェロホワイトペースト』という歯科専売の着色予防専用の歯磨きをを置いています。

通院が難しい方は、まずは歯磨き粉から変えてみるのも良いと思います♪

 

2018/07/06
キシリトールとリカルデントの違い

皆さんスーパーやコンビニでむし歯予防効果のあるガムを見たことがありませんか?

配合成分として「キシリトール」が有名ですが、もう一つ「リカルデント」というものがあります。

今回はこの2つの効果や違いについてお話します。

 

キシリトール

キシリトールは糖アルコールの一種で、天然素材の代用甘味料です。

他の糖と違い、むし歯菌が食べても酸(酸=歯を溶かしむし歯にする)を作ることができず

さらに酸を作ろうとしてエネルギーを消費させることで成長や増殖を抑制することができるため

むし歯菌を減らすのに役立ちます。

「むし歯菌の数を減らし、原因を取り除くことでむし歯予防をする」のがキシリトールの働きです

 

リカルデント(CPP-ACP)

1.むし歯の始まりを抑える

むし歯菌が出す酸により歯の大切な「ミネラル」が溶け出すのを抑えます

2.歯のエナメル質にミネラルを取り戻す

溶け出した「ミネラル」をエナメル質に補充し促進することで歯を丈夫にします

3.歯を酸に溶けにくくする

リカルデント配合のガムを噛むことでエナメル質が丈夫になり、耐酸性効果が得られます

 

当院では「リカルデントガム」を販売しています

リカルデントが従来品の2倍配合!

imgrc0068635331.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

<使用法>

1回5分間噛みます

1日4回を目安に使用して下さい

<注意事項>

牛乳・大豆・ゼラチンが含まれますのでアレルギーのある方は使用を避けて下さい

 

何かご不明な点がありましたらスタッフにお声掛け下さい♪

 

 

 

 

2018/06/29
災害時に必要なもの

こんにちは!今日は災害時に持っておくと良い口腔ケアについてまとめました!

最近地震が日本の各地であり、いつ自分の身に降りかかるか分かりませんね、、、

もしもの時に備えて準備しておくことはとても大切です。

まずは、歯ブラシセットです。

歯磨き粉を使用すると水でのうがいが必要になるので

水が手に入りにくいときは、歯磨き粉なしでのブラッシングでも良いと思います。

他にも、マウスウォッシュフロスコップなどもあれば便利かと思います!

また、入れ歯を使用されている方は、洗浄剤ケースなど備えておくと良いかと思います。

東日本大震災の時は、歯磨きができずに肺炎になった方も多かったとか、、、

お口の中には菌がたくさんいるので、万が一の災害時に備えていてくださいね。

2018/06/20
8020運動とは?

皆さんは8020運動ってご存知ですか?
 
 
8020(はちまるにいまる)運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
これまでの研究結果から、成人の持っている28~32本の永久歯のうち、少なくとも20本の歯が残っていれば、ほとんどのものがしっかり噛んで食べられると言われています。
高齢になってもおいしく食べて、楽しく話せることから、毎日を明るく健康に過ごすことのできると考えられています。

この運動は平成元年から厚生省と日本歯科医師会が中心となって進めてきたものです。
歯を失う最大の原因となる歯周病の予防啓発、毎日の歯や歯茎のチェックや正しいブラッシングの指導、歯間清掃用具(歯間ブラシやフロスなど)の使用の推奨などさまざまな活動を行ってきました。
 

現在、日本人の80歳の方の平均残存歯数はわずか6.8本ということです。通常、人間のお口の中には28本の歯があるので、約4分の1ということになります。

他の国との比較では、アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています。 なぜ、こんなに大きな差がついてしまったのでしょうか?

何年か前までの日本は「悪いところを削ってつめる」ことが歯科治療の中心だったのです。ですから、日本人の頭の中に「歯医者は歯が痛くなったら行くところだ」という意識がついてしまったのです。

そのために、歯医者自体も削ってつめる治療ばかりを行い、「どうしたら悪くならないように予防できるか」ということを出来なかったし、患者様に伝えることも出来なかったのです。これが欧米諸国との間に大きな差がついてしまった最大の原因です。これにより、虫歯になる人も、歯周病になる人も減ることなく来てしまったのです。

スウェーデンでは75歳の平均で約20本も歯が残っているのです。歯は残せないのではなく、単に歯を残していないだけなのです。 つまり、きちんとした対策を行えば、十分歯を残せるのです。
 

「8020」を達成するためには、大人はもちろん、子供のころからの正しい食生活や歯磨きなどの習慣がとても重要です。歯医者は痛くなる前に、予防するために行くことが将来のためになるので、皆さんも検診に行かれてみてはどうでしょうか。

2018/06/15
歯茎が黒くなる!?

健康的な歯茎を思い浮かべてみてください。皆さんが思い浮かべる健康的な歯茎といえば、ピンク色に引き締まった綺麗な歯茎ではないでしょうか?

歯周炎などがない、いわゆる健康的な歯茎でも、黒ずんでしまうことがあるのをご存知でしょうか?

それが、メラニン色素の沈着です。

タバコや紫外線などの刺激によって、皮膚と同じようにメラノサイト(色素細胞)を生成し、黒ずんだようになることがあります。

この黒ずんだ歯茎の表面を除去することで健康的な歯茎の色を取り戻す治療が、ガムホワイトニングです。

当院では、薬剤によるガムホワイトニングを行っております。

薬剤を塗布して1~2週間ほどで黒ずんだ歯茎が取れてきて、一時的に白くなりヒリヒリする感覚が出ます。その後、綺麗なピンク色の歯茎に戻ります。

ご興味がある方は、是非、スタッフにお声かけください。

白い歯とピンク色の健康的な歯茎で、今年の夏の青空の下、思いっきり笑って楽しみましょう!!

2018/06/08
今週は歯と口の健康週間です

6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。 6月4日は6(む)と4(し)の語呂合わせで、

「むし歯予防の日」と言われています。

また、6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが

「歯と口の健康週間」を実施しています。

当医院でも、歯の健康週間に保育園に虫歯予防の講演をさせて頂いたりして います。

日本は、日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国です。

しかし、残念ながら、歯の寿命は50~60歳代で、高齢になるに従って、歯を失う人が多いのが現状です。

日頃から歯磨きや定期的な歯のクリーニングなどをしっかり行っていれば、

歯の寿命をもっと延ばすことができます。

最近では、80歳まで20本の自分の歯を持とうという「8020運動」も提唱されています。

「歯と口の健康週間」をきっかけに、歯を長持ちさせるための習慣を身につけましょう。

yjimage[7].jpg

  • 1

月別アーカイブ